当事業所の方針

せーのヘルパー事業所では、利用者様に対して丁寧な援助を行っております。

それは、利用者様に笑顔になっていただくため。

その方に笑顔になっていただくために、私たちは具体的にどうすれば良いのか。

当事業所では運営方針を立てておりますので、ご紹介させていただきます。

 

 

利用者様の自立支援のために

利用者様の笑顔のために

利用者本位

介護においての主役は利用者様です。私たちは利用者様が「自分らしい生活」を送っていただけるように介助いたします。自分らしい、その方らしい、という言葉の意味するものは主役である利用者様のお気持ちや人生観によって様々だと思います。それは画一化されたものではなく、押し付けられるものでもありません。

利用者様の尊厳の保持であったり、利便性の向上であったり、その方によって求めるもの、重点を置くものは千差万別。そのご意向を具体化することが私たちの使命と考えています。

 

自立支援

「訪問介護」を利用していただくことにより、無理のない在宅生活が可能になります。安全で快適な日々を過ごすためのお手伝いをいたします。ただ、それは何でもかんでも上げ膳据え膳で、という意味ではありません。

その方がどうしてもできないことを介助する。その結果、次の動作ができるようになる。

たとえば食事を十分にとれていない方がいるとします。では、その方はなぜ食事をとれない、あるいはとらないのか。食事を口に運ぶことができないのか、食事の配膳があればあとは大丈夫なのか、買物に行くことができないのか。そのできないことを解消できれば、栄養摂取が可能になって元気になり笑顔も増えるかもしれない。

また、何とか歩くことができるけれども転倒してしまう危険性もある、だからいつもベッドで寝てばかりいた、そんな方にはそっと手を差し伸べるだけで行動範囲がぐっと拡がるかもしれない。

そうしたら、いつもお部屋の天井ばかり見ていた単調で退屈な生活は、活動的で楽しいものになり、ご本人の体力維持や頭の活性化につながるかもしれない。

法令を遵守すること

私たちは、主に介護保険適応のサービスを行います。介護保険は被保険者からの介護保険料と、国・都道府県・市町村の税金によって成り立っています。

私たちは、その大切な介護保険を有効に活用することが、利用者様おひとりおひとりの笑顔につながり、それは利用者様のご家族の介護負担軽減となり、その積み重ねが地域社会や日本全体の活性化を生み出すと信じています。

そういった好循環を生み出し、当事業所の存在意義を高めることができるよう、ルールを守った適切な援助や、法令を遵守し行政のご指導に適切に従う事業所運営を行っていくことを誓います。

介護の担い手たるヘルパーを大切にすること

介護の現場でがんばるヘルパーさん。この方々が直接利用者様へのケアを行います。ヘルパーの質を高めること、ヘルパーの心に余裕を作ること。それが、安全で心地よいケアの元となり、利用者様の笑顔につながると考えています。

まずはお気軽に無料相談・お問合せください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-874-3215

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。